読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【画像豊富】Toshiba Chromebook 2の徹底レビュー【随時更新!】

Chromebook

先日、ToshibaのChromebook2を購入しました。

最初の印象は、まず見た目が「美しい」ことです。Macのように、スタバで使ってアピールしたいと思わせてくれる美しさです(笑)

 更に、

  • 速い
  • 使いやすい

と感じました。

 

「美しさ」「速さ」「使い易さ」それぞれ、画像とともに詳しく紹介していきます。

 

 

Toshiba Chromebook2は、美しい!

写真を撮るのはあまり得意ではありませんが、いくつか撮ってみました。これよりは、実際キレイです(笑)

 

f:id:abeshun:20160917130614j:plain

f:id:abeshun:20160917130609j:plain

 

f:id:abeshun:20160917131719j:plain

f:id:abeshun:20160917131516j:plain

 

いかがでしょう。Macをコピーしようとつくられたとしか思えないほど美しいですよね。

メインPCとして使っていたのがDynabookだったので、デザインは大満足です。

 

 

どのぐらい速いか?

いたるところに口コミで「起動が速い」と言われていたので、期待しつつも、CPUはCeleronだしなあ・・・と疑っていましたが、これが速かった

私が持ってるIntel Core i5Dynabookよりも速いです。もちろん速さを構成する要素は他にもあるんでしょうが、とにかく10万のDynabookよりも3万のChromebookのほうが速いという事実は衝撃的でしょう。

 

そこで、実際に、起動してからブラウザでGoogleを開くまで、測ってみました。

すると、起動ボタンを押してから、SmartLock*1でログインし、Google.co.jpが表示されるまで、17秒でした。秒数にするとあまり速いと感じませんが、Googleを開くまで、と考えたらなかなかの速さです。これが、3万のPCですから。

 

 

ドコが使い易い?

まず、Chromebookの使い易さを紹介し、その後に、ToshibaChromebookが使い易い部分があるのでそれを紹介します。

Chromebookだから使い易い所とは

・全てクラウドGoogle Drive)に保存

これまで、私はWindowsがメインでしたが、わりとGoogle Driveヘビーユーザーでした。そのため、どんなファイルも、なるべくDriveに入れようとしていました。ただ、いちいちドライブに保存するとか、パワポをローカルで作ってドライブに移動するとか、ものすごく面倒なんです。

それが、Chromebookなら、Driveしかないわけですから、作ったファイルも、ダウンロードしたファイルも全てDriveに入ります。これはとてもラクですし、重いファイルをダウンロードするのもためらわず出来ます。

よほどハイスペックなPC出ないかぎり、重いファイルはそれだけでPCを遅くしますから。

 

・オフラインでもGoogleスプレッドシート

これはごく個人的なことかもしれないんですが、Googleスプレッドシートはとても優秀で好きなので、オフラインでばんばん使えるのは嬉しいです。エクセルは余計な機能が多く、「勝手に計算する」、「勝手にエラーを出す」といったことが多いです。イライラします。

Googleスプレッドシートは、そんなことはなく、きちんとこちらで関数を指定した時のみ、計算をしてくれます。細々としたUI/UXを考えられているというのが、よく分かります。エクセルの余計な機能を排除し、本当にユーザーが求めている良い機能が追加されています。

処理速度だけは、エクセルのほうが上ですが。←Google Japanの方も、実際どうですか?と聞いた所「処理速度だけは〜」と言っていました。

 

Toshibaだから使い易いところ

f:id:abeshun:20160917140900j:plain

Toshibaの製品だからだと思うのですが、キーボードがよく考えられています。

WindowsでおなじみのF1,F2,F3...なんていうのは廃止。

一方でイラストを見て何ができるか分かる・分かり易いボタンになっています。

左から、

 

esc

戻る・進む

更新

ページを全画面表示

タスクビュー

画面を暗くする・明るくする

消音

音を小さくする・大きくする

電源

 

といった配列になっていますが、これは大体見ればわかります。わからなくても、やってみれば一度で覚えられるイラストなので、とても簡単です。

 

このように、ToshibaChromebookには、WindowsMacの利用者のための、移行のしやすさや、使い方の覚えやすさが意識されてると感じます。

こういう点もあって、アメリカのメディアでは最も良いChromebookとして取り上げられているのでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。Chromebookには様々な種類もあり、日本の一番人気はASUSChromebook flipですし、他にも検討されると良いとは思います。

でも、最後に行き着くChromebookは、Toshiba一択だろうと個人的には確信しています。

 

何か質問等あれば、お気軽にコメントでお知らせください。

*1:近くのスマホと連携することで、パスワードを打たずとも、そのスマホがロック解除されていれば自動でログインしてくれる機能