読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO超初心者のための、SEO対策の5ステップ

SEO

SEO、結局何すればいいの?』

SEOってそもそも何なの?』

 

という方のために、SEO対策のカンタンな5ステップを紹介します。これは、SEOでの集客が上手くいっているサイトの全てが通るプロセスだと言ってよいでしょう。

 

SEO対策の5ステップ

f:id:abeshun:20160820182434j:plain

SEOマーケターの方にとって賛否両論あろうとは思いますが、

ざっと以下のようになります。

 

 

  1. キーワード調査・決定
  2. カテゴリー作成
  3. コンテンツ製作のプランニング
  4. 大量のコンテンツ製作とその管理の体制を構築
  5. サイト構造(内部のリンク構造等)を整える

 

1.2.3.はSEO対策の準備段階です。ここはとても大事です。なぜなら、準備が間違っていると、コンテンツを大量に作成したのにも関わらず、全くSEO流入が無いという状況に陥るからです。

 

4.と5.については、同時にやっていく感じになります。ここはSEO対策の実行段階です。

ここでは、いかに一定の品質を保ったコンテンツを大量に作成していくかがとても大事になってきます。

 

それでは、各ステップを具体的にみていきましょう。

 

 

 1.キーワード調査・決定

ここでは、SEOで狙っていくキーワードを決めます。

そのためには、

  • キーワード候補のリストアップ
  • そのキーワードの検索数を知る
  • どのキーワードに対策していくか決定

上の3つの事をしなくてはいけません。

 

キーワード候補のリストアップ

 キーワード候補をリストアップするためには、ツールを使った方が良いです。全て人力で、頭で考えても、キーワードはどうしても網羅できません。

使うツールは以下のいずれかから使います。

 

 

まずメインとなりそうなワードを自分で考えて、打ち込むと、それに関連したキーワードで、かつある程度検索されるキーワードを提示してくれます。

 

それらをエクセルにコピペしましょう。これらが、SEO対策をしていくキーワードの候補です。

 

キーワードの検索数を知る

そのキーワード達がどれくらい検索されているかという検索ボリュームを調べる方法があります。

↑のGoogleが広告運用者向けに展開しているサービス「Google Adwords」に登録し、その中の「運用ツール」から「キーワードプランナー」をクリックします。

すると、検索ボリュームを調べるという項目があるので、そこにキーワード候補をエクセルから全てコピペして、調査します。そのデータは、またエクセルとかでPCにダウンロードすることが出来ますので、しておきましょう。

検索ボリュームを調べるにはこのツールはほぼ必須になるものなので、使い方をしっかり覚えておきましょう。

 

どのキーワードに対策していくか決定

adwordsのキーワードプランナーでエクセルを落としたあと、そのキーワード候補を見て、グルーピングしていきます。例えば、『SEO対策』というキーワードを狙っているのであれば、「SEO対策 費用」は、「SEO対策 料金」と同じ行にグルーピングしていきます。

そして、ある程度グルーピングできたら、どのキーワードグループに対策していくか、決めます。ボリュームや、実際にそのワードで検索してみて競合サイトを見てみたりして、"勝てるか"、"もっと良いコンテンツが作れそうか"などなど考えて、いけそうなワード、難しそうだが勝たなきゃいけないワードなどを、対策するキーワードに決定します。

 

 

2.カテゴリー作成

さきほど行ったキーワードのグルーピングを見て、グループを全てそのままブログのカテゴリーにしてください。

これから、グループ1つ1つに対して素晴らしいコンテンツを載せていくことになります。対策するワードが、カテゴリー名と一致することになります。

 

 

3.コンテンツ製作のプランニング

キーワード、カテゴリーも決まったところで、

これからは「どうやってコンテンツを作っていくか」という話になります。

今後作っていくうえで、スムーズにコンテンツを増やしていくために、以下のことを決めましょう。

 

  • 誰が書くのか
  • 何がいつまでに必要か
  • どれくらいのペースでコンテンツを増やしていけるか

の3つについて深く検討する必要があります。

まず、誰が書くのか。自社(自分)で書くのか、ライターさんを雇うのか、クラウドソーシングでお願いするのか、決めましょう。

次に、何がいつまでに必要か。基本的に、1カテゴリーずつを制覇していくようにコンテンツを作っていきます。なので、1カテゴリーに20記事載せたら、次のカテゴリーへ、、、という流れでやっていくのがシンプルな方法です。

それが、いつまでに必要か、というところも考えていきます。大体でイメージするか、検索ボリューム等をみて「このカテゴリーは50記事ほど必要かな」などのように戦略的に対策するかはお任せします。個人のブログであれば前者ですが、本格的に取り組みたい方は後者をおすすめします。

最後に、書き手をどれくらい集めて、どうやってコンテンツの製作をマネジメントしていくか、自社の状況に合わせて考えましょう。

 

4.大量のコンテンツ製作とその管理の体制を構築

コンテンツの製作をやっていくにあたって重要な2つのことは、以下です。

  1. 量が必要
  2. 一定の質も必要

物量勝負で勝てる場合もありますが、それでも一定の質を保ったコンテンツでないと、ユーザーはすぐ離脱したり、リンクを貼ってもらって紹介されることもありません。リンクが貼られたサイトはGoogleから評価を受けますが、良いコンテンツでないと、誰もリンクを貼ってくれません。

 

この、量を確保する体制と一定の質を確保する体制が必要になってきます。どうやって確保するか、自社の状況に合わせて考えましょう。

 

 

5.サイト構造(内部リンク)をキレイに整える

これは、なるべくコンテンツ製作と同時が良いですが、

なかなか難しいところなので、コンテンツが掲載されているのにイマイチアクセスが伸びない、というときに実施しましょう。きっとアクセスが伸びないのはリンク構造です。

内部リンクとは、同一サイトの中で、リンクが貼られたものです。例えば当サイトで言えば、PCの方は右のサイドバーのカテゴリーです。スマホの方は、下にいくとあります。

これは、自分のサイトにリンクをはっているんですね。これによって、ユーザは私のサイトを回遊することになります。(無いよりは、回遊する可能性が高いということです。)

 

詳しくは、以下のリンク先にわかりやすく、かつ面白くのっています。

【参考】

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

SEOは、調べてみるとやる事がいっぱいあって目がくらみますが、この基本の5ステップを押さえることが最も大切だと心得て、SEO対策をしていきましょう。その上のレベルに到達すると(例えば、検索結果1ページのなかで4位になったが、1位に上げたい等)、細かい上級SEO対策が必要になってくるのです。